<スポンサードリンク>

ダバオのミンダナオで豪雨により20万人が避難

ダバオ洪水

フィリピン南部ミンダナオ島で低気圧による大雨の影響で洪水や地滑りが発生し、14日までに22人が死亡、約20万人が避難するなどの被害が出ています。

フィリピンの南部では、1月11日から低気圧の影響で激しい雨が続き、同島東部コンポステラバレー州などで大きな被害が出ました。被災地域は、2012年12月の台風で死者・行方不明者が1800人以上に達する被害が出たが、復興が進んでおらず、仮設住宅などに住んでいた被災者も多かったといいます。

 大雨は15日まで続くとみられ、約8000人の死者・行方不明者を出した昨年11月の台風が直撃した地域も被災する可能性があり、気象当局が注意を呼びかけています。
 

 
<スポンサードリンク>

 

フィリピンに対して厳しすぎる異常気象

 
フィリピンに対して豪雨が次々と発生しています。日本のようにインフラが充実しているとは言えませんので、豪雨ともなれば多くの国民が被害にあい、家や仕事、家族まで失ってしまいます。
 
日本やアメリカからの巨額援助は続いていますが、とてもフィリピン全土にまだ行き渡らせることは不可能です。ましてや収賄と賄賂が横行しているため、資金のすべてが有効に使われません。
 
フィリピン自身が自力で国力を上げて、インフラに投資することが長い目で見れば国にとって大きなメリットになることを学ばなければなりません。日本とフィリピンは通貨スワップも協定し、経済、金融などもかなり強固な間柄になっています。
 
円借款やODAなどで日本がフィリピンに投資し、フィリピンは経済発展によって日本に返済してくれる形が、フィリピンにとって今のところベストな選択でしょう。頑張ってほしいものです。
 
<スポンサードリンク>

 
omoshiro
 

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします
dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>