<スポンサードリンク>

1か月3万円のフィリピン暮らしは日本人にはあまりにも厳しすぎるかも

子供たち

日本とフィリピンを行ったり来たり出来る余裕がある人は、日本に住居を構えながらの二重生活がベストです。日本の住居や縁を無くしてしまうのは、いざと言うときに危険です。
 
フィリピンで旅行者としてくる場合は1日に数万円使うことは多々ありますが、フィリピンに住むとなるとそうはいきません。
 
フィリピンで給与を得ることが出来る人でも、現地採用であれば1か月10万円~でしょう。少なくとも日本で貰えていた金額よりは下がります。現地のフィリピン人よりは贅沢な生活は出来ますが、旅行者レベルの金遣いは出来ません。
 
では、1か月にいくら生活費がかかるかを考えてみたいと思います。
 
icon-arrow2-r-sいつもの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
 
<スポンサードリンク>

 

究極の貧困生活は日本人には厳しい

 
フィリピンでフィリピン人と同じ生活をするなら、1日200ペソで食費はまかなえると言います。1か月で6,000ペソ(約14,000円)ほどです。
 
住居ですがワンルームで日本人がそれほど抵抗なく暮らせるレベルだと、マニラなら25,000円程度はするでしょう。住居は支出に占める割合が大きいですから判断が難しい所です。
 
あまりに貧相なアパートだと治安や泥棒などの可能性が上がります。安かろう悪かろうが見事に当てはまりますので、ある程度階数が上で、治安が悪くない地域が理想です。
 
アパートが25,000円、食費が14,000円、水道光熱費が5,000円、携帯・雑費10,000円、遊行費10,000円、合計で約65,000円ほどは必要でしょうか。
 
フィリピンの安いアパート
 
もちろんアパート、遊行費など節約できる面はありますが、あまりにもキツイ生活なら日本で生活したほうが快適です。
 
前回の記事で3万円ぐらいあれば生活できるかなと思いましたが、出来なくはないでしょうけど日本人には相当きつそうですね。
 
食費でもかなり節約した設定ですから、本当はもう少し使いたいところです。そう考えますと、ストレスなく生活できるレベルは1か月8万円ぐらいでしょうか。
 
マニラではなく地方に行ったり、フィリピン人妻の実家に転がり込めば安く済みそうですが、実家に行くと色んな家族や親せきが金の無心に来ますので、余計に経費がかかりそうです。
 
フィリピンに完全移住する前に短期で日本とフィリピンを行き来して、肩慣らしした方が良さそうですね。
 
<スポンサードリンク>

 

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします
dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>