<スポンサードリンク>

狭い日本人社会で生きずに、タガログ語や英語を覚えてフィリピンに溶け込めば?

フィリピン文化

フィリピンの日本人社会はとても小さな社会です。一種の村みたいな感覚でしょうか。その日本人社会だけで生きようとする日本人が、結構な割合でいると聞きます。
 
これはアメリカやヨーロッパで住んでいる日本人にも言えます。何よりも言葉の壁が厚いのが理由ですが、更に日本人社会だけで生き続ける理由があります。
 
シャイな日本人は強引に自分の意見を主張しない(出来ない)ため、外国人との会話に違和感感じます。また、中高年でフィリピンに移住した場合、50歳や60歳を超えて語学に取り組もうという気力が減退します。
 
折角フィリピンや海外に住んでいるのだから、大いに海外の文化や外国人と接知ればいいのにと思いますが、いろんな理由があって日本人社会だけで生きざるを得ないようです。わからなくもないですよね。
 
icon-arrow2-r-sいつもの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
 
<スポンサードリンク>

 

初対面の外国人といかに会話を長続きさせるか

 
初対面の外国人やフィリピン人といかに会話を長続きさせるかですが、現地のちょっとしたことを体験しているだけで、現地住人は嬉しいものです。
 
初対面で聞かれるのが「国籍」ですね。「日本人」と答えて攻撃的になる外国人はほぼいません。次に「旅行者か?」とか「英語やタガログ語を話せるか?」と聞かれて、話せるとなると会話が弾みます。
 
「話せる」という定義は日本人からすれば、日常会話に支障がなければ話せると言いますが、中国人やインド人は少ししか話せなくても「話せる」と断言します。
 
お国柄ですよね。自分を主張していかないと生きれない国と、自分を抑えて静かに実力を貯める日本とは雲泥の差があります。
 
我々は控えめ過ぎますので、気合で「話せる」と言って食いついていきましょう。
 
フィリピンジプニー
 
フィリピンで話せると返答し、ジプニーやトライシケル、フィリピン現地の食べ物などの話をすると彼らは凄く嬉しそうな顔をします。
 
我々で言うと日本食を食べ、電車やバスに乗り、日本を堪能してくれているとなれば嬉しいのと同じですよね。
 
外国人と話すのは勇気が必要かもしれません。でもフィリピンでは殆どの人が、好意的です。(セットアップを除いて)フィリピン人がどんな会話を好むかをじっくり研究して、いろんな人と会話をすると、世界が広がって楽しい人生になるでしょう。

 
スポンサードリンク

 
面白画像
 

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします
dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>