<スポンサードリンク>

フィリピンで活動しているNPOやボランティアがボッタくりの可能性もある

海外に住む詐欺師

海外移住したり、旅行したりするとそれなりの不安を抱えます。不安の最大の原因は言葉ですが、文化、ルール、習慣の違いなどにもびっくりすることがあります。人間は不安を抱えれば抱えるほど、誰かを頼りたくなってしまいがちです。
 
この不安な状態の日本人をプロの日本人詐欺師は、常に目を光らせながら狙っています。
 
特に長期滞在のために移住してきたばかりの日本人は、お金を持っていますので格好のターゲットと言えます。お金を持っているけど不安な日本人=最強のカモと思って間違いないでしょう。
 
icon-arrow2-r-sいつもの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
 
 
<スポンサードリンク>


 

NPOやボランティアと称するものでも怪しい

 
鴨ネギ状態でフィリピンをはじめとする海外に移住してきて、同胞である日本人に親身に相談に乗ってもらっていると、素性のわからない人であっても、ついつい気を許してしまいます。
 
とりわけ退職したばかりの高齢者は海外生活に不慣れですので、その傾向が強いでしょう。フィリピンに住む日本人が一番危ないと言われていますが、別にフィリピンに限ったことではありません。
 
タイでもアメリカでも、スイスでも、日本人が日本人に騙されるケースは後を絶ちません。だからと言って、不安を抱えたまま日本人と接点を持たずに暮らすことは難しいでしょう。
 
海外に住む詐欺師
 
幸い、今はインターネットの発達により、良し悪しは別にしていろんな情報を手にすることが出来ます。知識はそれなりの防御になりますので、頭の中に入れおいて損はありません。
 
騙す側の手口は非常に巧妙です。例えばNPOやボランティア団体と称して、あくどい商売をしている日本人もいます。NPO、ボランティアが慈善団体であると言う幻想は捨て去った方がいいでしょう。
 
NPOやボランティア、NGOなどは公共性が高く、善意の第三者のように見えますが、これを隠れ蓑にしながら、ホテルの手配や不動産の仲介、ビジネスコンサルなどで相場以上の金を吹っ掛けてきます。
 
日本であれば、詐欺に関して警察は動きますが、フィリピンや海外では日本人同士の小さな詐欺やいざこざに構ってくれません。外国人が犯す微罪など、多発する凶悪犯罪地域ではどうでもいいのです。
 
詐欺に遭っても泣き寝入りするぐらいしかありません。テレビや新聞は殺人事件や大きな事件は報道しますが、海外で頻発する微罪には見向きもしません。
 
甘い話は世の中に転がっていません。甘い話だなと思った瞬間に、耳をちくわにしてスル―出来るスキルを身につけたほうが賢明でしょう。
 
スポンサードリンク

 
 

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします
dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>