<スポンサードリンク>

フィリピンでわざわざ不動産を買うのはリスクが高すぎる

フィリピンの住宅

日本人は基本的に不動産が好きな民族です。しかしフィリピンでは外国人が、土地や建物を基本的に所有することは出来ません。どうしても欲しい場合は、フィリピン人の名義を借りなければなりません。
 
誰かの名義を借りることほどリスクが高いものはありません。ましてやフィリピン人の名義を借りるとなると、相当な用心が必要です。買った途端に、名義を貸したフィリピン人が裏切る話はゴロゴロ転がっています。
 
日本の高齢者と若いフィリピーナが結婚したり、カップルになり、住宅を所有した場合はフィリピーナの名義になります。すべてのフィリピーナが裏切るわけではありませんが、沢山の高齢日本人が裏切られて数百万、数千万の被害に遭っています。
 
icon-arrow2-r-sいつもの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
 
 
<スポンサードリンク>


 

フィリピンでリスクを背負わずに楽しく生きる

 
わざわざ高いリスクを背負いながら不動産を買う必要はなく、賃貸で十分です。
 
コンドミニアムでしたら我々外国人でも購入できますので、名義借りのリスクを避けることが出来ます。マカティやマラテなどにコンドミニアムが沢山ありますが、沢山の外国人が購入しています。
 
購入を否定するわけではありませんが、フィリピンに移住していきなり不動産を購入することに疑問を感じます。購入してしまうと簡単に引っ越すことが出来ません。移住した当初は右も左もわかりませんので、住む地域が自分に合うか合わないかわかりません。
 
人から勧められる街の良さと、自分が感じる街の良さは異なることがあります。環境が良いと言われると言う場所でも、自分には合わないことがあります。マカティの様な都市ではなく、マラテの様な雑多で怪しい場所の方を好んだり、セブやダバオなどの地方都市の方が性に合うかもしれません。
 
更に思うのは、退職して自由な時間が有り、どこに住んでもいいわけですから、一つの場所に固執する必要はありません。自分が気に入った場所に、数年ごとに引っ越すのも悪くありません。
 
フィリピンのコンドミニアム
 
リゾート地、都心、田舎、島など、いろんな選択肢がありますので、購入にこだわる必要はないと思います。
 
長期滞在できるホテル、アパート、賃貸の戸建などに住んで、それぞれの良さを楽しんでみると面白いでしょう。また、近所に住む日本人と交流することになりますが、合う合わないがでてきます。
 
どうしても好きになれない人や怪しい人も知り合いになる可能性があります。簡単に引っ越せる状況にしておくと、煩わしい人間関係を清算するのも簡単です。
 
フィリピンに移住して気を付けなければならない三点があると言われています。第一に家は買わない、第二にフィリピーナに嵌らない、第三に商売をしないです。ど
 
れも高齢日本人が手を出しそうなモノばかりですが、この三点をやらないことがフィリピンで楽しく暮らせる秘訣だったりします。
 
飲むだけで8歳若返るプラセンタでカッコいい男を維持しよう

 
スポンサードリンク

 
 

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします
dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>