<スポンサードリンク>

日本の老人はフィリピンの中間層の生活レベルに合わせれば、楽しく生きていける

フィリピン人の笑顔

関西地区でフィリピンやインドネシア人メイドの雇用が可能となりますが、政府の狙いは女性の社会進出よりも在宅介護のように思います。
 
日本の社会福祉施設はどこもいっぱいで52万人以上が待っています。高級老人ホームに入居できるのはごくわずかな富裕層です。大部分は中間層以下の人たちなので、国から補助がある施設以外は高額で入居できません。
 

国の施策は在宅介護をしきりに訴えていますが、在宅介護を選択すれば、誰かが家にいなければなりません。そうなると住み込みや、通いで来てくれるメイドさんがもってこいなのです。
 
労働不足による女性の社会進出を前面に押し出す方が、移民政策の第一歩である外国人メイドを募集しやすいのかも知れません。
 
icon-arrow2-r-sいつもの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
 
<スポンサードリンク>

 

日本を良い意味で見切って移住する

 
ホームヘルパーに依頼すれば比較的安価で介護サービスを受けることが出来ますが、安く出来ているのは国からの補助があるためです。
 
老人が増え続けることで、ホームヘルパーに対して拠出する補助も巨額になっていきます。国としては右肩上がりで増える支出を抑えるのに躍起です。
 
多くの老人たちは若い世代よりは遥かに資金を持っていますので、国からの補助を抑え、高齢者が持つ資金を吐き出させるのも狙いの一つでしょう。
 
在宅介護でフィリピンのメイドさんに来てもらったとして、賃金をどれぐらい払えばよいのか気になります。通いならば日本の最低賃金は必ず守らなければなりません。
 
[colored_box color=”red” corner=”r”] 1日8時間×時間給900円=7,200円 1日7,200円×30日=約210,000円
時間給は地域によります。 
[/colored_box]  
フィリピン人の笑顔
 
この210,000円をどれだけの世帯が拠出できるかですかは不明ですが、拠出できない世帯も沢山あります。そうなるとまさに、年金だけで暮らせる国を探さざるを得なくなるのです。
 
そこで出てくるのが、フィリピンの地方とタイの地方、インドネシアの地方です。マレーシアはすでに生活レベルが上がり、年金だけで暮らすのが厳しくなりつつあります。
 
まだ、フィリピンの地方やチェンマイ、インドネシアの地方であれば、少ない年金でも暮らしていけます。また、3カ国ともビザが取りやすいので、老後の移住のハードルを下げています。
 
この3カ国で日本と同じレベルで暮らすのは日本以上にお金がかかります。しかし、現地の中間層ぐらいに合わせると、日本の物価の3分の一レベルで暮らすことが出来ます。
 
日本の中間層以下の層は、東南アジアで現地の中間層と同じレベルで暮らす決意と心が必要です。最初はかなり抵抗があると思いますが、体が元気なうちから移住し、慣れてくれば順応できます。
 
早い決断と、慎重な決断の両方が出来れば、フィリピンでそれなりに楽しい老後が過ごせるでしょう。
 
<スポンサードリンク>

 

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします
dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>