<スポンサードリンク>

フィリピンで週に2回ゴルフをする日本人と、手持ち50円しかない日本人

フィリピンでお金持ちと貧乏人

日本で老後を過ごすのに年金だけで暮らすのは、節約することが常に付きまといます。贅沢をバリバリしたいわけではありませんが、毎日毎日節制した生活を、死ぬまで続けるのは疲れてしまいます。
 
そこでフィリピンをはじめとする東南アジアでリタイア生活を送るのですが、このリタイア生活でも格差があります。
 
それなりの退職金と年金などがあれば、そこそこの贅沢をしても全く問題ありませんが、数百万程度で移住し、数万円の年金だけで生きていくのは、日本で生活するよりリスクが高いかも知れません。
 
icon-arrow2-r-sいつもの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
 
 
<スポンサードリンク>


 

フィリピンへの永住
 
ある日本人グループは毎週2回のゴルフと、1か月に1回のコンペや食事会などを開催し、悠々自適に暮らしています。彼らの一人が元警察官で、1か月の年金が21万円です。退職金などもありますので、無茶をしなければ楽しく暮らせるでしょう。

日本とフィリピンの違いに日本人が戸惑う

 
日本からフィリピンに移住して、悠々自適な生活を送っていると、いろんなことが解き放たれるうえに、フィリピンタイムやフィリピン文化が体にしみわたります。そうすると日本に戻るととても疲れる人がいるようです。
 
ロボットのように見える日本人
 
上記の年配の方が言うのはわからないでもありません。何もかもがキチキチとした日本と、いろんなことが緩いフィリピンでは、どちらからどちらへ行ってもストレスを感じるでしょう。
 

フィリピンで手持ち50円しかないのにフィリピンに住み続ける

 
悠々自適なフィリピンライフを過ごしている方とは別に、相当厳しい生活を送っている日本の年配者がいます。フィリピンに流れるようにやってきて、詰まる所、浮浪者になってしまいました。
 
そして、見る見かねたフィリピン人から施しを受けながら生活しています。手持ちは50円にも満たない額しか持っていません。これほど困窮してしまった原因を上げればきりがないのですが、自分が生きたいように生きた結果です。
 
オーバーステイしていると日本に戻ることもできませんので、オーバーステイするギリギリのところで日本へ帰国して、国の世話になると言う判断もやむを得ないと思います。
 
困窮邦人
 
 

 
スポンサードリンク

 
 

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします
dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>