<スポンサードリンク>

三菱商事が東芝と共にフィリピンのミンダナオ島で石炭火力発電プラントを受注

三菱商事株式会社は、東芝プラントシステム株式会社と共に、フィリピンのミンダナオ島において、石炭火力発電プラントを受注しました。
 

<スポンサードリンク>

 

フィリピンの発電事業者であるミナジー・コール・コーポレーションがミンダナオ島バリンガサグ地区に建設する発電所向けに、出力55メガワットの石炭焚き発電プラント2基を2017年3月末までを目処に納入する予定です。
 
受注済みの1/2号機に加えて、3号機もオプションとなっていて、3号機は2013年度中にも追加発注される可能性があり、その場合の受注総額は約300億円となります。
 
三菱商事がミンダナオで発電所受注
 
三菱商事曰く、フィリピンは人口の増加や安定した経済成長によって電力需要が伸びると早くから予測。電力需要が伸びてもフィリピンの脆弱な電力施設では、たちまち行き詰まるためにインフラ整備という位置づけで受注を模索していたようです。
 
また三菱商事はアジアを基軸とするグローバルな展開をもくろんでいますので、ミンダナオ地域での電力関連事業、インフラ事業の更なる受注を目指すようです。

 
<スポンサードリンク>

 

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします

 

dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>