<スポンサードリンク>

俺には金がある、俺には政治家の知り合いがいる、○クザも知っている…それで?

フィリピン・マフィア

人間には誰かに認めてもらいたいと言う承認欲求や社会欲求・愛の欲求という願望が備わっています。
 
この欲求が強い人、弱い人いろいろいますが、いざ日本を離れ海外で暮らし始めると、とんでもないことを言い出す人がいます。
 

icon-arrow2-r-sいつもの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
 
 
<スポンサードリンク>


 

私がバンコクで出会った人は、承認欲求に満たされていない人でした。承認欲求は他人や社会から認められることで満たされる欲求ですので、それなりの結果を出したり、社会的に高い地位を得たり、経済的に成功していなければ認められることはありません。
 
日本国内で過ごしていると周りは自分のことを知っていますので、嘘の経歴や結果を吹聴したところで誰も相手にしません。しかし、国外に出ると、自分のことを知らない人ばかりですので、他人から認められたい、グループに所属したいがために嘘八百を並べます。
 

取り繕った自慢は、日本人にもフィリピン人にも見透かされている

 
私がバンコクで会ったのは、自分は資産家で、バンコクの有名レストランを買う話をしているとか、タクシン派の政治家を多数知っていて、いろんな融通を利かせることが出来ると吹聴していました。
 
大体自慢話の殆どは嘘で塗り固められていますので、話半分に聞いていました。こういった方とは自然に距離を保ち、フェードアウトするようにしています。彼のことを殆ど忘れていたころに、知り合いから彼の話を聞きました。
 
彼はタイのコンドミニアムを数部屋購入するために、日本に戻って資金を段取りすると吹聴していました。しかし、実際は生活費にも困る状態で、家賃も常に滞納していたようです。日本へ帰国する飛行機代も、自分の古いバイクを質に入れてようやく工面したそうです。
 
そして彼は知らない間にバンコクに戻っていましたが、数か月後には亡くなっていました。亡くなった原因はエイズだったそうです。以前から体に変な症状があったり、斑点が出来たり、痩せたりしていたようです。
 
なぜバンコクに戻ってきたのか不明ですが、残念な結果です。
 
フィリピン警察
 
フィリピンに住む人の中にも、承認欲求の願望が極端に強い人がいます。政治家を知っている、経済界に顔が効く、フィリピンの警官を知っているなど、どうでもいいことをペラペラと話します。
 
取ってつけたような話をしたところで、相手は不信感しか持っていません。誰からも信用されず、誰からも相手にされなくなる前に生き方を変えたほうが賢明でしょう。
 
もしあなたの知り合いで噂好きな、虚栄心丸出しの人がいたら要注意ですね。
 
スポンサードリンク

 
 

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします
dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>