<スポンサードリンク>

フィリピン歴数十年の日本人でもメイドにはホトホト苦労する

フィリピン人メイドはオバサンが無難

日本からポッとやってきて、メイドを使うとドエライ目に遭うことは前回の記事からもわかります。前回の記事の日本人は随分やられちゃいましたが、自分が当事者になると意外に「YES」を連呼してしまいがちです。
 
こっちはいい年した中年や、高齢者です。
 
そんな中高年に若いフィリピーナのメイドが、しおらしく頼みごとをしてきて「NO」とはっきり言える人は少ないと思います。少なくとも私も「YES」を連呼してしまうと思います。
 
メイドはおばちゃんがいいかも知れませんね。
 
貯金通帳まで管理されることはないにしても、気がついたら数千ペソ無くなってたなんて話はゴロゴロあります。
 
憎たらしいのが、全部を盗まずに小分けにして抜いていきますから気付かないのです。我々も小さいとき母親の財布や貯金箱から、少しずつ小銭を盗ったものです。あの当時と同じかもしれませんね。
 
icon-arrow2-r-sいつもの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
 
 
<スポンサードリンク>


 

メイドに盗みたくなる状況を家で作ってはいけない

 
フィリピン滞在歴、数十年の方でもメイドの扱いは苦労することがあるそうです。また、私の知り合いのフィリピン人でさえも、メイドに金を抜かれたり、デジカメを盗まれたりしたことがあるほどです。
 
フィリピンの大ベテランの方はメイドを扱う際に、いろんな注意点があるといいます。メイドを雇うときは原則として、マニラの子は避けるそうです。地方出身の純朴で、なにも染まっていない子を探します。
 
大抵は奥さんの家族や親せきのつてを使って探してくるそうです。要はそれほど遠くない血縁関係のようです。また、命令口調は避けるようです。家族と同じように接することが大事です。
 
フィリピン人メイドはオバサンが無難
 
一番いけないのが、日本人の旦那が威張り散らして、メイドに厳しい言葉で叱咤することです。こういう人はフィリピーナの奥さんへも当たりがきついですから、奥さんもメイドも旦那に怯えてしまいます。
 
この威張り散らす態度が、フィリピン人妻とメイドを結託させ、日本人旦那を闇へと追いやる計画を立てさせてしまいます。意図的に喧嘩して、殴られたと訴えて警察に連絡すれば喜んできてくれます。
 
殴られてなくても目撃証言でメイドに証言させれば、それだけでぶち込むことも出来ますから、フィリピンで威張り散らしていると臭い飯を食うか、身ぐるみ剥がされかねません。
 
また、財布の金を抜かれてもきつい言葉で怒ると、それなりの逆襲に遭うことがあります。「富むものが貧乏人に金を分け与えるのが当たり前だ」という考えがあります。ですから、多少の罪悪感はあるにしろ、激怒すると、とんでもないしっぺ返しを食らうこともあるそうです。
 
スポンサードリンク

 
 

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします
dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>