<スポンサードリンク>

No.5 小汚い親父以外の日本人はフィリピン女性から自然にモテる

フィリピン家族写真

KTVや誰かの知り合いのフィリピーナにメイドを気軽に頼みがちですが、たいてい無職で家にいるのに家事をやったことがない怠け者です。こういうフィリピン人を雇ってしまうと断るのが大変で、のちのち苦労します。

メイドを雇うときは試用期間を定めて、その試用期間にこちら充分な仕事ができなければ解雇する旨を約束しておいたほうが無難です。若いフィリピーナのメイドとなると、こちらの鼻の下が伸びたり、彼氏を作って妊娠することがあります。

メイドなのに雇用主に対して援助を平気で頼みますから、なんのために雇ったのかわからなくなります。

日本のように高い家事レベルを求めるのはムリですが、そこそこ家事をこなせるフィリピーナを見つけることは可能です。手っ取り早いところで見つけないで、十分吟味したほうが後々楽です。

icon-arrow2-r-sいつもの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

<スポンサードリンク>

キモい親父はフィリピンでもタカられるだけで終わってしまう

吟味に吟味を重ねてもメイド選びに失敗しがちです。中には、来てもらったメイドを辞めさせるのが可愛そうになってしまい、メイドの親戚やお姉さんを一緒に雇ってしまう日本人が少なからずいます。

メイドの給与は通いと住み込みで異なりますが、私達日本人からするととても安い給与です。住み込みで6,000ペソ~ぐらいでやってくれますから、もうひとり雇っても12,000ペソですので、それほど財布は痛みません。

フィリピンに住んでいる中高年の多くは、日本で離婚したり、独身のままフィリピンに移住しています。フィリピーナを追いかけてきたものの、見事に玉砕された親父達は数知れずでしょう。

基本的に寂しい親父が多いですから、少々の出費であっても、家の中が楽しければOKかも知れません。メイドにはたいてい子供がいますから、子供も住まわせて大家族のように暮らしている日本人もいます。

子供の食費やメイドの生活費も出すことにはなりますが、マニラの近郊や他の地域では生活費が安く済みます。日本の4分の1ぐらいで済みますから、5人で生活しても1ヶ月20万円もあれば十分楽しい生活が可能です。

フィリピン人は大家族が基本ですが、多くは貧困層です。小さなボロアパートに5~6人で住んでいるのは当たり前で、近所にも親戚たちが沢山住んでいます。

沢山の家族や親戚はいますが、お金がありませんから家族総出で出かけることは出来ません。日本人の普通の財力があれば、フィリピン人達を連れて出かけることは十分できます。

普通のフィリピン家庭でも10人ほどで、近所の親戚やら祖父母などを合わせると20人、30人近くです。こういったフィリピンの家族構成の現状を知っているのと知らないのとでは雲泥の差があります。

沢山の家族がいても、一緒に同じ時間を過ごすのは難しいことを知っていれば、同じ時間を過ごせる環境を一時でも作ってあげるととても喜んでくれます。

高いレストランなどに行く必要は全くありません。近所の海に20人で行って、海で遊びながら食事をしても、それほどお金はかからず楽しめます。

ある日本人男性がメイドの家族や親戚の30人を海に連れて行って、みんなで泳いで食事をして写真を撮って過ごしました。家族30人が揃ったのは生まれて初めてだったようで、みんなが彼に感謝していたそうです。

フィリピン家族写真

そんな人数で何処かに行く経験は日本人も殆どありませんから、テンションが上がります。老人から子供まで、みんなが楽しく過ごせる時間と環境を作れるのは、小銭を持っている日本人です。

KTVのフィリピーナにアイフォンやブランドの鞄を買ってあげるよりも、多くのフィリピン人に喜んでもらえるお金をの使い方をするほうが賢いです。

感謝されることでフィリピン人は私達を守ってくれますし、同じ仲間として迎え入れてくれます。もちろん、お金を出しすぎるとATMに成り下がってしまいますから、要所要所で財布の紐を緩めることが大切です。

生きたお金の使い方が出来る人はフィリピンで楽しく暮らせますが、夜の街に勤めているフィリピーナに入れ込んだところで意味がありません。

お金ばかり使わされて、結局振られてしまい、「騙された。フィリピーナはろくなのがいない」と愚痴をこぼすだけです。

アイタタ親父がフィリピーナと出会うことが出来るのは、KTVなどになりがちです。水商売のフィリピーナが悪いわけではありませんが、やはり擦れていますし、アイタタ親父からお金を引っ張ることを商売にしています。

彼女たちも貧困層ですから仕方がないのですが、出来れば、夜の街に浸かっていないフィリピーナを探しましょう。

一般のフィリピン女性と夜の街に働くフィリピン女性はびっくりするぐらい違います。こんなに従順で、可愛らしいフィリピン女性がいるのかというぐらいです。

そんなフィリピーナは沢山いますが、見つける手段をアイタタ親父は知りません。どうしても簡単に出会える方法や場所で探してしまいますが、そういった場所で探すと多くは擦れたフィリピーナと出会います。

では、どうすれば一般の擦れていない可愛いフィリピーナと出会えるかですが、それは自分の普段の行いによって大きく変わります。

フィリピンで仕事を持っている場合は、男性や女性のフィリピン人と仕事をするはずです。仕事のレベルが高ければ、それなりのフィリピン人と交流することになります。

単純作業レベルの仕事であっても、自分の行動が紳士であり、ハゲデブチビでなければフィリピン人の間で噂になります。中年であっても清潔感があり、そこそこ若く見えれば、普通のフィリピン女性と知り合うことは難しくありません。

もちろん、こちらから彼女を探している旨を伝えておく必要はあります。ガツガツして探さなくても、清潔感がある日本人男性であればフィリピーナからアプローチがありますから心配無用です。

何のアプローチもないのであれば、自分の外観や言動、行動に問題があると思っていいでしょう。

続く

<スポンサードリンク>

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします

 

dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>