<スポンサードリンク>

No.3 フィリピーナは愛を親父は金をお互いに提供している

フィリピーナを愛した男たち

フィリピンパブ、フィリピンクラブの魅力はやはりフィリピーナです。日本女性にはない抜群の明るさと楽観的な考え、ノリの良さなどはとても新鮮に感じました。

多くの日本人親父たちがフィリピーナの魅力にやられてしまいました。ヤクザも市役所勤務の固い公務員も、一流企業勤務のサラリーマンも、底辺な親父たちも、皆フィリピーナに惚れました。

日本のフィリピンパブにやってくるフィリピーナの多くは貧困家庭の出身です。フィリピンパブに勤める理由は家族を助けるためでした。フィリピーナの多くは生活苦でしたので、大きなお金ではなくても囲うことが出来ました。

icon-arrow2-r-sいつもの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

<スポンサードリンク>

小汚い親父でもお金があれば相手にしてもらえる

日本のキャバクラや高級クラブのホステスと交際したり、囲うとなると普通のサラリーマンでは難しいでしょう。経営者クラスや高給取りではないと、ホステスを抱え続けられません。

しかしフィリピーナの場合は、日本とフィリピンの経済格差がありますから、3万円がフィリピン人の1ヶ月の給与に匹敵します。

ですから安月給のサラリーマンでもフィリピーナを口説きやすい環境でした。さらにフィリピーナとは恋愛関係にないと深い関係になれません。中にはお金のためなら体を張るフィリピーナもいますが、多くは恋愛関係を構築した後に正式なカップルとして成立します。

ですから口説きがいがありました。この疑似恋愛を日本人親父達は必死に頑張っていました。

フィリピーナは親父に惚れていなくても、親父はフィリピーナに惚れています。フィリピーナがフィリピンに帰国する日には空港まで送迎したり、下手すればそのままフィリピンまで着いて行く親父もいます。

当時の空港は巨大な荷物を持ったフィリピーナと、シーフードヌードルを大量に運ぶ親父達で溢れかえっていました。あの光景を見るたびに、「あんな風にはなってはいけない」と思いつつ、自分もシーフードヌードルを抱えていたことを思い出します。

沢山のフィリピーナが日本にやってきますから、フィリピンに帰国するフィリピーナも沢山います。そんな多くのフィリピーナを親父たちはフィリピンまで追いかけますから、マニラにはアイタタ親父が山のようにいました。

フィリピーナを追いかける親父と一緒に、その友達も一緒にフィリピンに渡航しましたので、マラテ、マビニは今と違ってとても活気がありました。

フィリピンの勘違い男

フィリピンの印象は未だに良くありませんが、以前よりはマシになっています。介護士、看護師、メイド、工場労働、単純労働などに就くフィリピン人が増えました。

一昔前のフィリピンを知っている親父達と、今の10代、20代がもつフィリピン人の印象は異なっています。

多くのフィリピーナがフィリピンパブにやってきますから、アイタタ親父たちとの恋愛も自然増えます。日本女性から相手にされなくなった親父達は、フィリピーナからの「アコ、愛している」という言葉に浮足立ちます。

愛された経験がない親父、女性から愛されたのは20年以上前といった親父たちにとってフィリピーナは心の拠り所なのです。愛される喜びに舞い上がった親父を何人も見かけました。

フィリピーナからすれば働かないフィリピン人男性よりも、それなりに稼いでいくるアイタタ親父のほうが100倍マシです。

またアイタタ親父と結婚すれば、好きなだけフィリピンパブで働くことが出来ます。フィリピンの実家の家族は「日本人と娘が結婚している」というだけで、ツケで買い物ができるほどでした。

それほど日本人からの送金は信頼があったのです。フィリピン人はお金を、親父は愛を貰うことでお互いに依存できる関係でした。

続く

<スポンサードリンク>

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします

 

dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>