<スポンサードリンク>

No.7 フィリピーナの家族に適度なお金を使うことで危機管理に繋げる

フィリピンの家族愛

フィリピンに移住して、すぐにカモられてしまい財産を失う人もいれば、フィリピンに溶け込んでフィリピン人と楽しそうに生活している人には大きな違いがあります。

  • 日本人であることを奢らない
  • むやみに怒らない
  • お金に関して適度にバラまく
  • フィリピン人に対してリスペクトをする

文字にすると簡単ですが、実際行動に移すとなるとなかなか出来ません。日本語の会話の端々でフィリピン人を馬鹿すると、実はフィリピン人に伝わってしまいます。

日本語で話しているのにわかるはずがないと思いがちですが、彼らの五感はかなり鋭いので見破られてしまいます。日本人が偉い、自分はフィリピン人よりも上だという思いが取れない人は、フィリピンに移住して住むことはお勧めしません。

icon-arrow2-r-sいつもの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

<スポンサードリンク>

フィリピンでは地域の実力者と家族を味方につければ危険回避できる

私達が知り合うフィリピン人は階層的には中間層よりも下が多いでしょう。彼らが住む家やアパートはローカルな地域にあります。通路幅は70cmに満たない場合もあり、日本人からすれば迷路の中に家があるようです。

細い通路を歩くと上半身裸のフィリピン人達が、昼間っから酒を飲んでいます。彼らには仕事が無いか、仕事があっても不定期なため、酒を飲んでブラブラするぐらいしかありません。

そんな所にきれいな格好をした日本人が訪れれば注目を浴びます。睨まれる場合もあれば、笑顔で招いてくれる場合もありますが、間違っても初対面のフィリピン人と一緒に酒を飲まないようにしましょう。

酒の中に何が入っているかわかりません。

上位層のフィリピン人にフィリピンのローカルな地域の話をすると、「そんな所に日本人が行くと危険だぞ」と何度も言われました。

「薬漬けの人間や犯罪者が溜まっている場所だから、犯罪に巻き込まれに行くようなものだ」というフィリピン人もいます。フィリピン人と一緒にいく以外は、基本的には近寄らないほうがいいでしょう。

ただ自分が付き合っているフィリピーナはフィリピンのローカル地域に住んでいますから、そういった地域を避けて通れません。下手すればローカルな地域にフィリピーナと一緒に住む可能性もあります。

フィリピン人は基本的にフレンドリーですが、多くはお金に困っています。そういった現状を充分に認識しながら、少しずつローカルなフィリピン人と距離を詰め、付かず離れずな状態を保つのが楽しく暮らせるコツです。

ローカルな地域に住むフィリピーナの家は、近所との距離がとても近く、昔の長屋の日本を彷彿させます。近所付き合いを大切にするフィリピン人ですから、ローカルな地域に信用がおけるフィリピン人の知り合いが出来ると有利です。

フィリピン・家・街並み

その地域の実力者を抑えておけば、近所のフィリピン人達は手を出しません。

フィリピーナを知っているから大丈夫だと思っていると危険です。何かのきっかけで、フィリピーナが手のひらを返すことがあります。フィリピーナが手のひらを返しづらくする環境を作ることは大切です。

フィリピーナの家族と仲よくすれば、フィリピーナが私達の不満を家族に言ったとしても庇ってくれます。フィリピーナの家族と仲良くするには、彼らがほしいと思うようなお土産を持参することです。

お金を渡すのはとても簡単ですが、際限が無くなり、次々と要求がきつくなります。お金はできるだけ渡さずに、会うたびにチョコレートなどの日本のお菓子、お酒を飲む場合はフィリピンのビールがお勧めです。

フィリピンに旅行したり移住するとサンミゲルビールを私たちは飲みますが、ロールな地域に住むフィリピン人からすれば高い飲み物です。

1日に200~300ペソしか収入がない家庭に、1本30ペソのサンミゲルライトの出費はきついです。1本で済めばいいですが、ある程度の量を飲みたいので、もっと安いお酒をフィリピン人は飲んでいます。

フィリピン・サンミゲルライト

タンドアイというフィリピンのラム酒にジュースを混ぜて飲んでいます。タンドアイは375ccでひと瓶30ペソと格安で、更にタンドアイをジュースで割りますから沢山安く飲める貴重なアルコールです。

本当はビールを飲みたい彼らですから、1本30ペソのサンミゲルライトを30本プレゼントしたところで900ペソ(2,000円)です。私達からすれば安い費用で喜ばれる貴重なアイテムでしょう。

沢山のサンミゲルライトを持っていくと酒盛り状態になりますから、自然に近所の人達が集まってきます。フィリピーナの家族は集まってきた近所の人にお土産のサンミゲルライトを配ることで、自分の立場を優位にできます。

こういった状況を何度も作り出すことで、頼りにされるようになり気に入ってくれます。

小さな努力ですが積み重ねると、フィリピンで生きていくための危機管理に繋がります。フィリピンは法治国家ではありませんから、警察が機能していません。力のあるものが力でねじ伏せます。

力のあるものとうまく付き合える日本人は、日本で暮らす以上にフィリピンで暮らすほうが楽しいでしょう。

続く

<スポンサードリンク>

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします

 

dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>