<スポンサードリンク>

フィリピンに住む半グレ、詐欺師、逃亡者、困窮邦人の未来は貧困のみ

困窮邦人

フィリピンに住む日本人を日本に住む日本人は揶揄します。フィリピンに住む日本人は、日本に住みながらフィリピンにやってくる日本人を揶揄します。私にはどちらも同じレベルで、牽制しあっているように見えます。

フィリピンに関わる人の大半はフィリピンパブからフィリピンを知っていますが、多くは普通に働くサラリーマンや自営業者、会社経営者、公務員たちという普通の人たちです。

しかしフィリピンに関わる一部の日本人に、摩訶不思議な人たちが紛れています。半グレ、逃亡者、犯罪者、底辺に生きる輩達です。

icon-arrow2-r-sいつもの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

<スポンサードリンク>

一部の日本人を避けることが出来ればフィリピンはそこそこ快適な国

ヤクザの世界で生きていて、下手を打ってしまい破門されたり、逃げてきた人がフィリピンには何人もいます。マラテ界隈を歩けば、肩で風を切って歩いたり、気弱そうな日本人に睨みを効かせています。

日本では大手を振って歩けない分、マラテで威勢よく頑張りたいのは理解できますが、所詮半グレレベルの貧困層です。

また半グレな人たちの他に、日本から逃亡してきた人やフィリピンで底辺生活をしている人もいます。逃亡者と底辺者に共通するのは嘘です。

日本から逃げてくる理由は借金、犯罪、下手打ちなどでしょう。底辺生活者の場合は、フィリピンで身ぐるみ剥がされたり、フィリピーナに根こそぎいかれてしまった結果です。

逃亡者は日本からフィリピンに逃げてきていますので、自分を偽って生活せざるを得ません。名前、生年月日、日本での故郷、仕事など、あらゆることに嘘を重ねて生きています。

この逃亡者の嘘は理解できますが、フィリピンの底辺生活者(困窮邦人)の嘘は別の理由があります。

困窮邦人の多くは50代以上で、60才超える高齢者も多くいます。こういった人はフィリピン人に食べさせて貰ったり、日本人から恵んで貰ったり、寸借詐欺をして生きています。

フィリピンの困窮邦人

人として最底辺を歩んでいますが、彼らのプライドは我々が思うよりも遥かに高いようです。

困窮邦人としてフィリピンで生きてはいるものの、「日本に帰れば自宅があり、貯金もある」「日本にいる頃は年収数千万だった」「大学は早稲田を出て、商社に勤務していた」といった具合です。

現状があまりにもみすぼらしいので、何とか自分を着飾ってよく思われたいという自己顕示欲が爆発しているのでしょう。

数ヶ月経過して同じ話を困窮邦人に聞くと、早稲田出身が慶應出身になっていたり、ベンツがベントレーに変わっていたりします。

60歳を超えた困窮邦人は、「フィリピンの政治家と知り合いが多いので、フィリピンでのことはどんなことでも解決できる」と豪語します。しかし格好はランニングシャツにボロボロのサンダルを履いている爺さんです。

そんなボロボロの爺さんをフィリピンの政治家が相手するはずがありません。一瞬でわかるような嘘をついてしまうのが癖になっているのでしょう。

フィリピンで日本人が困窮に陥ってしまうと、抜けだすのは不可能です。収入がありませんから、どうしようもありません。誰かのお金を強引に手にする以外に方法がありません。

フィリピンに住む人の多くは真っ当な方ばかりですが、一部の日本人は虚言癖であり、半グレであり、逃亡者であり、困窮邦人たちです。

この現実をこれからフィリピンに移住しようとする人に伝えていくのが、フィリピンに関わる人の役割でしょう。

<スポンサードリンク>

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします

 

dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>