<スポンサードリンク>

困窮邦人の行く末は詐欺をするか罪を犯すか物乞いするか

運び屋

フィリピンに住む日本人の中には困窮邦人と呼ばれる人たちが一定数います。いろんな事情でフィリピンに渡ったものの、有り金を使い果たして食えなくなった人たちなので近づくとロクなことはありません。

日本に住んでいる日本人にも貧乏な人は沢山いますが、フィリピンに住む貧乏な人たちとは道徳観がまるで違います。日本に住んでいて詐欺や窃盗をすると、逮捕される可能性が非常に高いです。

しかし、フィリピンに住んでいると警察がまともに機能していませんので、詐欺などをしても逮捕される可能性が低いです。また、逮捕されかけたとしても、賄賂を渡せば簡単に無罪放免になることがあります。

icon-arrow2-r-sいつもの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

<スポンサードリンク>

環境の選択を誤ったばかりに地獄へ落ちる

法律が機能していない上に、南国と言う気候、周りの人間が罪を罪と思わない残念な人が多いので、まともな人間でも罪人に変わってしまいます。

人間は置かれる環境によって大きく変化します。法が機能している日本に住んでいても、周りの人間が詐欺をしていたり、薬の売買をして簡単に金を手にしていると自分もやりたくなるものです。

フィリピンでは警官が金をせびるぐらいですから、法が機能していません。そんな場所に移住せざるを得ない人間には、それなりの理由があります。

借金から逃げて来たり、暴力団崩れであったり、フィリピーナにおぼれてしまっていたりする人たちに、常識があるとは到底思えません。近づかないことが一番の防衛です。

しかし、南国気質、フィリピンという適当な雰囲気が働く意欲をそぎ、出来るだけ楽をしてお金を得ようとする心を駆り立てます。

危ない橋を渡れば簡単にお金儲けが出来ると勘違い

こう言った思いを持っているときに限って、嘘か本当かわからないような儲け話が耳に入ってくるのです。そんな儲け話に限って詐欺であったり、下手すれば運び屋だったりします。

この運び屋を安易に請け負ってしまい、逮捕される日本人が東南アジアや中国にいます。運び屋には議員、OL、社会人、ホームレスなどがいますが、いずれも金に困っている人たちです。

お金に困っている人間を上手く探してきて、小銭を渡して危ない橋を渡らせ、成功すれば胴元はガッツリ儲かるのがドラッ○な商売です。

フィリピンと言う環境・ドラッグディーラー

インドで沈没していた人間で森田裕貴と言う人間がいます。彼はインドで完全に屑な人間と化してしまいました。生きていくために運び屋をするようになり、インドからインドネシアへ運ぶ際にインドネシアの空港で逮捕されました。

東南アジアや中国は薬に対してとても厳しい処置を取ります。彼は6キロの薬を転売目的でインドネシアに持ち込んだので、懲役20年の実刑を食らいました。

そんな彼はインドネシアの刑務所から監獄人権日記というブログを書いていました。インドネシアの刑務所は、フィリピンの刑務所と同じようにいろんな事が緩いのです。

逮捕されたのが2010年11月で、ブログを書き始めているのが2013年8月です。それから今までぽつぽつと更新されていましたが、今月に自らの命を絶ったようです。

インドネシアの刑務所で20年間を過ごさなければならない絶望感は、我々には想像もできません。彼が行ったことは大罪です。しかし、彼が日本に帰っていればこんな最後にはならなかった可能性が高いでしょう。

フィリピンと言う環境が自分を悪の道へと誘うことがあるかも知れません。フィリピンと言う環境が自分を元気にさせてくれるかもしれません。

いずれにしても、自分が置かれている環境を定期的に見直すことは大事でしょう。

<スポンサードリンク>

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします

 

dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>