<スポンサードリンク>

第二話 夢も希望もない底辺な生活にフィリピーナが現れてしまったら…

フィリピンパブ

フィリピンの収容施設で暮らす日本の老人が持つ生命力は、日本にいる日本人たちよりも強靭です。フィリピンで生活する日本の中高年たちは、日本にいる中高年たちよりもタフで生きるチカラが強いです。

フィリピンには困窮邦人達が沢山いますが、困窮状態に陥っても彼らは他人を騙したり、恐喝をしたり、法を犯しても生き延びようとします。困窮状態に陥ってしまう理由は様々です。

強盗にあって身ぐるみ剥がされすべてを失う、ギャンブルで有り金を全て賭けてしまう、妙なビジネスの投資話に載ってしまい財産を失ったり、所持金をすべて使ってしまう場合もあります。

icon-arrow2-r-sいつもの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

<スポンサードリンク>

鴨ネギの日本人から全財産を奪うことは赤子の手をひねるよりも簡単だ

いろんな理由で困窮邦人に落ちてしまいますが、最も多い理由は言うまでもなく女性関係です。日本のフィリピンパブで出会ったフィリピーナを追いかけて日本にやってきますが、多くは無計画です。

大半の男性は50才以上で、日本で誰にも相手にされなくなった冴えないオヤジたちです。冴えないオヤジの前に笑顔満載のフィリピン人女性が現れれば、男性としての自尊心が一気に爆発します。

「俺はまだまだモテる、俺は女性にまだまだ好かれる」と仰天するぐらいの勘違いを発揮し、有り金すべてを持ってフィリピンを訪れてしまいます。

日本にいると誰かが自分を騙すという危機をあまり感じることがありません。こういった頭でフィリピンを訪れるわけですから、フィリピン人からすれば金をもぎ取ることぐらい容易いのです。

しかも頭のなかはお花畑状態ですから、空港に迎えに来たフィリピーナに財布に全額入れた財布を預けてしまう人までいます。

なぜこんなことになってしまうのでしょうか…。それはやはりフィリピーナの底知れぬ明るさと、我々のような小汚い親父でも受け入れてくれる巨大な心があるからです。

フィリピンパブ

日本の中高年達がフィリピーナに会った印象はこんな感じです。

「日本人のホステスとは全然違うんです。フィリピンパブに行くと本当に楽しいんです。フィリピーナが手を繋いでくれるのは当たり前で、ハグしてくれたリ、キスもしてくれることがあります。

浅黒い肌の大きな目をした若いフィリピーナに日本語を教えてほしいと言われたら、時間なんて忘れちゃいますよ」

「フィリピンパブに行った時は、ホントショックでしたよね。可愛い女性ばかりでしたから。スタイルも日本女性とは全然違います。

こんな世界があったんだと…。好みのフィリピーナを見つけてしまい、おもいっきりハマってしまいました。何回通ったか数えきれません」

「とにかくフィリピーナたちはざっくばらんだよね。初めてのフィリピーナでもすぐに楽しめる。日本のキャバクラだと打ち解けるまでに時間が掛かるし、すごく格好をつけないと相手にしてもらえないしね」

フィリピンパブ

こんな思いをオヤジたちは持ったままフィリピンに訪問し、フィリピン人たちの陽気な洗礼を受けますから、一発でやられてしまいます。

日本に住んでいると決して味わえない高揚感や、今まで知らなかった別世界を知った嬉しさ、フィリピンの解放感などが心を揺さぶります。一度心が揺さぶられると、止めることは出来ません。

50歳を超えたオヤジたちの周りの人は、皆結婚していて、子供も大きく落ち着いた人ばかりです。それなのに自分だけ独身で、寂しい毎日を過ごしています。

会社とアパートのみの往復で、仕事の内容といえば代わり映えのしない単純労働です。単純労働者の賃金が上がるはずがありません。単純労働には低賃金がつきものです。

そして大企業に務める人間たちは、巨額の給与をもらい続け、格差は広がるばかりです。ふと自分の人生の先を覗いてみると、「未来・希望・夢」と言った言葉は完全に消え去っています。

続く

<スポンサードリンク>

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします

 

dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>