<スポンサードリンク>

第五話 イケてない中年男は簡単に騙され、嵌められてしまう

別の家にフィリピーナと移動し、ビザ申請の結果を待ちましたがビザの発給はされませんでした。フィリピーナはそこから激怒して出ていきました。
 
彼にすれば、結婚できるからと言って連れて来られたのに、踏んだり蹴ったりでした。彼のパスポートはフィリピーナに預けたままでしたので、ビザの延長をしていません。
 
彼の父はすでに他界し、他の身内とも疎遠で連絡先もわかりません。彼が唯一覚えていたのは、新聞配達時代の同僚の携帯番号でした。藁をもすがる思いで連絡しましたが、繋がりませんでした。
 
icon-arrow2-r-sいつもの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
 
<スポンサードリンク>

 

絶望的な毎日を送る人間を悪徳ブローカーは狙っている

 
彼は日本での人脈が全然なかったので、援助を依頼できる人がいませんでした。そのうち彼が連れて来られた家の家主(フィリピン人)から煙たがられてしまいます。
 
そりゃそうでしょう。家賃も払えない日本人を借家に置いておくほど無駄なことはありません。居場所が無くなってしまったので、彼は日本人男性が経営する自動車部品の会社に手伝いで転がり込みました。
 
そこでいろんな掃除、雑用などをするかわりに飯を食わせてもらったり、時にはこずかいを貰って生きていくことになりました。
 
日本人経営者は日本とフィリピンを往復していますので、普段は経営者の奥さんにいろいろ世話になっていました。このような貧困状態が何年も続いています。
 
困窮邦人・フィリピン
 
長期間にわたってオーバーステイしていますので、日本に帰国したくてもイミグレーションにペナルティを支払わなければなりません。支払えないのであれば、フィリピンに居続けるしか方法がありません。
 
彼は安易に若いフィリピーナとの結婚話に乗ってしまい、今では日本にも帰れない、フィリピンでも貧困と言う絶望的な状態です。彼は結婚話を聞いたとき、少し怪しいなと思っていました。
 
しかし、日本で退屈で、単調で、夢のない毎日を送っていました。器用なタイプではないので、友達がいるわけでもないですし、騙されて借金の連帯保証人になってしまう人です。
 
人と人との触れ合いや、普通の人は毎日行っている日常会話さえ、殆どなかった生活でした。そんな矢先に、天から降ってきた若いフィリピーナとの結婚話ですから、飛びつかざるを得なかったのです。
 
続く
 
<スポンサードリンク>

 

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします
dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>