<スポンサードリンク>

No.1 フィリピンなら逃亡者でも月額16万円で雇用してくれる

フィリピン・コールセンター

フィリピンに住んでいる日本人の一部には、借金から逃げるためにフィリピンへやって来た人がいます。銀行などから借金をした場合、最終的には差し押さえになりますが、暴力団やヤミ金からの借金は次元が違います。

一旦暴力団関係からお金を借りてしまうと、徹底的に搾り取られてしまいます。完済などそもそも出来るはずがありませんので、逃げる選択肢以外にありません。

お金がらみでフィリピンへ逃げてきた人は日本に帰国しづらいので、徹底してフィリピンに居座り続けます。自分が生まれた国に帰ることが出来ない悲しさ…。もし自分がその立場になったらと思うと泣けてきます。

icon-arrow2-r-sいつもの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

<スポンサードリンク>

日本から逃亡した親父でもフィリピンなら生きていける

借金を作ってしまう原因は色々ありますが、サラリーマン、自営業者、公務員であっても、酒好き、博打好き、お金の管理ができない人たちは借金を作ってしまいます。

また、会社からのリストラ、パワハラ、セクハラなどによって退職を余儀なくされて、一気に生活が苦しくなると借金に頼らざるを得なくなります。

中高年になって職を失い借金が増えてしまうと、人生を放棄したくなると言います。生きていることさえも嫌になってしまって自殺したり、うつ病を発症することもあります。

ただ、賛否両論あるにしても、日本人は日本のパスポートがありますから、いろんな国へ自由に行くことができます。国外逃亡というとき声は悪いですが、フィリピンへ逃亡するという選択肢もありなのかもしれません。

フィリピンへ逃亡する人とフィリピンへ移住する人では大きな差があります。フィリピンに移住する人はある程度計画を持ってフィリピンに移住しますから、退職金や年金、貯金がありますし、日本に帰る場所があります。

フィリピンで日本レベルの生活をすると、日本よりもお金がかかりますが、フィリピン人よりも少し上の生活レベルであれば、日本よりも安く生活できます。

フィリピンへ逃亡した場合、資金がそれほどありませんから、フィリピンで収入を得られるかどうか分かれ目です。困窮邦人になるか、普通の暮らしができるかはとてつもない差でしょう。

フィリピンは経済成長が著しいですから、物価が毎年上昇しています。フィリピンは発展途上国だから物価が激安などと思っている人がいますが、とんでもない間違いです。

フィリピン人と同じ生活が出来る日本人は殆どいません。エアコンなしの扇風機で暑さをしのぎ、停電、断水、近所からの騒音、パッサパサのご飯と奇妙な味のおかず、雨が降れば雨漏りと浸水など、日本では考えられないレベルの生活です。

住む地域もとても安全とはいい難いですから、強盗、スリの可能性があります。こういった生活なら1ヶ月2万円足りますが、普通の日本人では不可能でしょう。

フィリピン・マニラ・スラム

フィリピンに日本人がやってきて果たして収入を得ることが出来るのでしょうか?

フィリピンには日本食レストラン、日本人向けのサービス、日系企業が沢山ありますから、日本人が多く住んでいます。

日本人に対して何らかの商品やサービスを提供して対価を得るという自営業で生計を立てている日本人は多くいます。主には飲食店です。

商売をするにはフィリピーナと結婚しているか、働けるビザが必修です。ビザ無しでは基本的におおっぴらに働くことは出来ません。フィリピン収入を得て生活していくのであれば、まずはビザの取得が欠かせません。

フィリピンに住む日本人の中にはオーバーステイのまま、フィリピンに何年も滞在している人がいます。こういった人は表立って働けませんから、裏稼業めいた仕事で生計を立てています。

潜りで働いているぐらいでしたらいいですが、日本人に詐欺をしたり、金をせびったりして生きていますから先は見えています。

仮に日系企業で働くにしても年齢制限と言葉の問題をクリアーしている必要があります。多くの日系企業は35~40歳までで、英語ができることを条件に募集しています。

ただ、セブで募集していたのは英語が話せなくてもコールセンターの仕事でした。日本に住む日本人が企業のコールセンターに連絡する際、日本につながっているかと思いきやフィリピンやタイ、中国につながっている場合が多々あります。

専用の回線を利用することで海外に繋げても安価で済むそうです。コールセンターであれば日本語が話せれば雇用してもらえる可能性があります。

  • 年齢制限なし※元気に働ける方であれば年齢性別問わず、ご応募ください。
  • 勤務地 セブ市内
  • 勤務時間 9:00~19:00
  • 給与 55,000ペソ~100,000ペソ

給与が日本円で10~20万円ですから、仮に10万円だったとしてもフィリピンであれば十分生活していけます。大体16万円ほどで雇用してもらえると聞いたことがあります。

日系企業に就職して給与を貰えれば、フィリピンで安定した生活が可能です。

「いい年なのに、たった16万円しか貰えないの?俺にはもっと実力がある」と勘違いしている親父たちは、半年もせずに打ちひしがれます。そのままオーバーステイしてしまいどうにもならくなるか、自分の実力を知って身の丈に応じた給与をもらうかです。

逃亡せざるを得ないレベルの人間が、フィリピンという外国で仕事を選んでいる場合ではありません。まともに生きていきたいなら、日本の大卒初任給であっても我慢しなければやむを得ません。

大卒初任給でレベルと言っても、他のフィリピン人よりは遥かに高い給与をもらっています。フィリピンでは十分高所得のレベルですから、そこそこの生活はできます。

続く

<スポンサードリンク>

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします

 

dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>