<スポンサードリンク>

No.2 フィリピンの困窮邦人は日本で不義理をし精神が病んでいる

貧困から逃れるために

No.1 フィリピンに住む中高年日本人の50%以上が困窮邦人化するの動画で紹介した困窮邦人を詳しく紹介しましょう。

彼は千葉県新聞配達店に住み込みで勤務していました。性格はいたっておとなしく、頼まれたら嫌とはいえない人です。人が良すぎるために他人につけこれてしまい、必要のない借金を負っています。

彼は住み込みで働いていましたが、日本人に騙されてフィリピンで困窮邦人になりました。新聞配達を辞めてフィリピンに行ってしまった彼に対して、新聞配達の同僚たちは見下しているようです。

動画に登場していた彼を見ると、かなり老けているように見えます。弱々しい感じで、話している内容は普通の人ではないように思いました。

icon-arrow2-r-sいつもの応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

<スポンサードリンク>

中年の段階で中間層以下の日本人は高齢になると貧困層に陥る

彼はフィリピンで困窮邦人に陥り、どうにもならなくなって知り合いのフィリピン人に助けられました。知り合いのフィリピン人と言っても上位層ではないので、いつまでも困窮邦人の面倒を見ることは出来ません。

日本はフィリピンと比較すれば圧倒的に裕福な国です。フィリピン人からすれば、困窮邦人と言えど日本大使館に連れていけば、すぐに帰国できるだろうと算段していたでしょう。

彼はフィリピンで困窮してからすでに2年以上が経過していました。フィリピンで先進国で経済規模三位の日本人がオーバーステイしている状況なのです。

日本でフィリピン人や中国人がオーバーステイして、逃げ回っているのをテレビで見ることはあっても、日本人が他国でオーバーステイしているのを知っている人はごく僅かでしょう。

アメリカにもヨーロッパにもオーバーステイしている日本人はいますが、数は多くありません。しかしフィリピンでオーバーステイしている日本人は、他国でオーバーステイしている日本人を圧倒します。

日本大使館には彼のような困窮邦人が毎日のように訪れ、日本に帰国できるように懇願したり、お金を借りに来るそうです。

毎日のように困窮邦人が日本大使館を訪れるわけですから、大使館としても困った存在でしょう。オーバーステイの罰金をフィリピンの入国管理局に支払わなければ、日本へ帰国することは出来ません。

在フィリピン日本大使館

日本大使館はオーバーステイの罰金を少しでも安くなるように入管と交渉はしてくれますが、大使館は基本的に困窮邦人に対してお金を貸す事は出来ないと突っぱねます。

大使館のこうした対応に怒りを感じた時もありましたが、毎日のように困窮邦人がやってきて金を貸してくれと言われて対応していたら、いくら予算があっても足りません。

また、仮にお金を貸したところで返済される見込みは低いでしょう。海外で何らかの事情によって困窮した場合、日本の身内や知り合いに連絡して普通は資金を調達します。

フィリピンで困窮している日本人たちの多くは、日本に住む身内や知り合いとの関係が良好ではありません。日本から逃げるようにフィリピンへ来ている日本人は、身内や知り合いに迷惑をかけている場合が多いので、資金の依頼をしたところで突っぱねられるだけです。

人としてキチンとしていない人や精神に何らかの支障をきたしている人が、フィリピンで困窮邦人化しています。

動画に出ていた彼は10年間に渡って新聞配達員をしていました。新聞配達員は立派な仕事ですが、最先端と言われる仕事ではなく、どちらかと言えば斜陽産業です。

朝2:00に起床して朝刊を数百部配達し、一寝入りして夕方に数百部の夕刊を配達します。世間が寝ている時に起床して仕事をし、世間が始動しはじめると仮眠をする生活に、彼はウンザリしていました。

友人と生活パターンが全く合わない上に、新聞配達の同僚ともそれほど仲良くなかったので、酷い孤独感に苛まれたようです。


毎日同じことの繰り返しで、給料が上がるはずもなく、ただただ毎日が過ぎていくだけの人生に意味を感じることは不可能でしょう。生まれてこなければよかったと思えるほど、彼は病んでいました。

新聞配達という仕事は、雨や風、暑さ寒さに関係なく働き続けなければなりません。休みも少ない上に拘束時間が中途半端に長く、集金や営業ノルマもあったりします。

「お金に行き詰まったら新聞配達」と昔から言われる職業です。誰にでも出来る仕事ですが、決して楽な仕事ではありません。孤独で夢が持てないきつい仕事を10年以上も続ければ、流石に心は荒むでしょう。

彼は日本人女性と結婚していた時期があります。その頃は飲食店に勤務していましたが、同僚との関係がうまくいかず退職しました。人間関係に弱い彼ですから、奥さんとの関係もうまくいかず、結局離婚します。

奥さんへの未練が捨てきれず、はけ口として風俗に通いつめました。風俗に通ったところで心の寂しさが満たされるわけではありません。逆に心が更に荒んでしまい、市販の睡眠薬を大量に飲み、意識を失って病院に運ばれたこともあります。

彼は飲食店の調理師として働きましたが、いずれも人間関係が原因で退職しました。何度も仕事を辞め、離婚が重なり、孤独に陥った状態で新聞配達の仕事に就いたのです。

新聞配達の仕事はそれほど人と接することはありませんから、彼には向いていたのかもしれません。

「毎日新聞を配達していても、何の生きがいもありませんでした。半分以上人生を諦めていましたよ。年齢も中年でしたから新聞配達をやめると、どこも雇ってくれません。人生に絶望を感じていました」と思っている時に、転機が訪れます。

続く

<スポンサードリンク>

記事はお役に立てましたか?
応援クリックよろしくお願いします



dogeza2s
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

コメントは受け付けていません。

フィリピンニュース・更新情報


<スポンサードリンク>