フィリピン人家主には法を犯してでもボったくるクレイジーがいる

マニラと地方

フィリピンに長期滞在する際に必ず通る道がマンションの賃貸です。ホテルにずっと暮らせるはずもありませんから、マンションはどこかで必ず借りなければなりません。

フィリピンはタイやマレーシアほど、安価なサービスアパートが充実していません。ですから普通のアパートを借りなければなりません。ある日本人がフィリピンに移住してきて、アパートを借りることにしました。

現地の日本人が同胞の日本人に高値で商品を売るのはいつものことだ

詐欺師のフィリピーナ

ビザ取得に関しての詐欺業者もいますが、コンドミニアム購入の仲介や紹介をする怪しい日本人もフィリピンに沢山住んでいます。日本の高齢者がブログやホームページなどを見て、コンドミニアム購入を決断しました。

この業者はNPO団体を名乗っていて、公共性の高い団体や善意の第三者のように見せかけ、ホテルの手配、車の手配、不動産の仲介などで相場以上の値段をふっかけます。NPO、ボランティアを名乗り、フィリピン政府と交流があるように吹聴し、高齢者を信頼させます。

高齢者に書類を偽造させてでもビザ取得を勧める業者

フィリピン・リタイアメントビザ

フィリピンに長期間住む場合ビザが必要です。労働ビザ、移住ビザまたは永住ビザ、リタイアメントビザなどがあります。リタイアメントビザの場合は、50歳以上なら20,000ドルを預け入れれば取得できます。

50歳以下であれば50,000ドルが必要ですが、他国のビザと比較すると金額は低いです。しかし、人によってはこの金額さえも預け入れることが出来ないのに、フィリピンに移住せざるを得ない人がいます。

そこで登場したのが見せ金を渡して、ビザが取得できれば高額な手数料を請求する業者です。これはビザ取得の金額が高い国には、昔からいますが、フィリピンのように取得金額が低くくても小銭を求める困窮日本人や業者がいます。

高齢日本人はフィリピンの医者にボったくられて悲惨な最期を迎えかねない

フィリピンの医者

多くの高齢者がテレビで放映された海外での老後生活に影響されました。自分の自宅を売却し、日本に帰れるところを無くした状態で海外移住しています。

この退路を断つと言う行為が、年齢を重ねるにつれてジワジワト効いてくるのです。フィリピンに逃亡している人の多くは、日本に住む場所がなく、日本に帰れば追い込みがかかるか、警察などの厄介になる人でしょう。