日本の老人はフィリピンの中間層の生活レベルに合わせれば、楽しく生きていける

フィリピン人の笑顔

関西地区でフィリピンやインドネシア人メイドの雇用が可能となりますが、政府の狙いは女性の社会進出よりも在宅介護のように思います。

日本の社会福祉施設はどこもいっぱいで52万人以上が待っています。高級老人ホームに入居できるのはごくわずかな富裕層です。大部分は中間層以下の人たちなので、国から補助がある施設以外は高額で入居できません。

国の施策は在宅介護をしきりに訴えていますが、在宅介護を選択すれば、誰かが家にいなければなりません。そうなると住み込みや、通いで来てくれるメイドさんがもってこいなのです。

第二話 日本人はフィリピン人の貧乏と言う苦しみを和らげる精神安定剤

フィリピン・トロトロ食堂

前回の記事で田舎の極貧生活から抜け出し、海外でのメイドを終え、無事に自宅を購入した続きです。

フィリピン女性には頑張り屋さんが多く、とても働き者です。彼女も御多分に漏れず働き屋さんで、メイドが終わってフィリピンに帰国してからも一生懸命働きました。

そして、また別の国でメイドの話が舞い込んできました。まだ、自宅のローンが残っていましたので、一気に支払いたかったのです。新しい国に行く準備を整え、来週には渡航すると言う時期に日本人男性との結婚話が舞い込みました。

第一話 田舎の極貧生活から台湾での厳しいメイド生活、そして自宅購入

フィリピンの田舎

フィリピンの地方に行ったことがある方はわかると思いますが、マニラとは比較にならないぐらいの貧困を見ることがあります。地方や小さな島での生活は、我々が想像する数倍厳しいようです。

極度な貧しさからか、辛いことに耐える力がつき、人を思いやる気持ちの強い人間が育ちやすいと言います。生きていくだけで精いっぱいですので、日本人とは比べ物にならない生命力も養われます。

フィリピン人メイドからフィリピン文化と人柄を学ぶ謙虚な気持ち

フィリピン人メイド

メイドで苦労する日本人や欧米人は沢山いますが、実に上手く付き合っている人もいます。メイドやドライバーとはしっかりと一線を引き、一方では「優しさや気配り」などもあり、家族の一員のようにして接します。

多くの日本人がメイドを「身内のように扱う」と、すっかり中に入られてしまい、どうにもならくなるパターンに陥ってしまいがちです。

フィリピン歴数十年の日本人でもメイドにはホトホト苦労する

フィリピン人メイドはオバサンが無難

日本からポッとやってきて、メイドを使うとドエライ目に遭うことは前回の記事からもわかります。前回の記事の日本人は随分やられちゃいましたが、自分が当事者に立つと意外に「YES」を連呼してしまいがちです。こっちはいい年した中年や、高齢者です。

そんな中高年に若いフィリピーナのメイドが、しおらしく頼みごとをしてきて「NO」とはっきり言える人は少ないと思います。少なくとも私も「YES」を連呼してしまうと思います。貯金通帳まで管理されることはないにしても、気がついたら数千ペソ無くなってたなんて話はゴロゴロあります。