フィリピン人や外国人労働者なしに日本は成り立たなくなっている?

外国人労働者

都会に住んでいる方は感じていると思いますが、外国人労働者がジワジワと増えています。日本が労働力不足のため、中国、フィリピンなどから単純労働が出来る外国人を入国させています。 労働者不足と企業は嘆いている割に、賃金をあげよ ‥‥

ウミガメを密漁したとして中国船をフィリピン海上警察の巡視船が拿捕

ウミガメを密漁したとして中国船拿捕

南シナ海の領有権をめぐって中国がベトナムやフィリピンと対立していますが、中国とフィリピンの間では「ある生物」が火種となり、さらに対立が深まっています。

フィリピン南西部・パラワン島の港に引き上げられているのは、ウミガメ350匹です。その半数以上が死んでいます。この映像は、今月6日に絶滅危惧種のウミガメを密漁したとして拿捕された中国の漁船をフィリピンのメディアが撮影したものです。

フィリピンとベトナム、日本をアメリカは守る気など一切ない

中国・アメリカ

ベトナムで中国人や中国企業を攻撃する動きがありました。このニュースを見てフィリピンの一部、日本人の一部が奮起し、3カ国で中国を攻めたり、貿易を減らして圧力をかければいいと言っている人がいます。

またアメリカとフィリピンの軍事協定を結んだことや、尖閣諸島は日本の施政下にあり、日米安保条約の適用範囲に属すると「明言」したことが、大きな支えになっているようにも見えます。

マスコミが報道するニュースを拾っていくと、こういった考えになりますが、アメリカは国益にならなければ何もしませんし、日本の閣僚もアメリカに従うでしょう。

フィリピンにおける米軍の展開は米国の国益のみを追求した結果だろう

フィリピン国防省は2日、米軍の事実上の駐留を認める米比新軍事協定に基づき米軍が展開する拠点について、比国軍基地3~5カ所になるとの見通しを明らかにした。

オバマ米大統領の訪問に合わせ4月下旬に調印された新軍事協定では、米軍の具体的な展開拠点は付属文書で定めるとし、明記されなかった。

アメリカとフィリピンの軍事協定が基本合意・クラークかスービックか?

スービック・フィリピン

フィリピン政府は11日、米国との間で行われていたフィリピン国内での米軍の展開拡大を可能とする新軍事協定交渉が基本合意に達したことを明らかにした。協定は南シナ海への進出を強める中国をけん制する狙いがあり、実質的な米軍「再駐留」に道を開くことになる。