三話 貧困層のフィリピーナが持つ、金への執着心は我々には理解できないだろう

貧困から逃れるために

とんでもないフィリピーナを嫁も貰ってしまった彼です。命からがら日本に逃げ帰り、両親がフィリピン人妻を調査しました。本来でしたらここで彼とフィリピーナの関係は終わりのはずです。

しかし、このフィリピーナの執念は凄まじいものがありました。

自分の旦那に無実の罪を着せて留置所に数回もぶち込んだにも関わらず、フィリピン人妻は涼しい顔で、彼を追いかけて日本にやってきました。日本にいるフィリピン人妻の友達のところに泊まり、そこから彼に電話をしてきたのです。

「やり直したい」と。

二話 自分の欲望を満たせるなら日本人夫でも叩き潰す

見栄と虚栄心

フィリピン国内でフィリピン人妻が警察に通報し、無実の罪で日本人夫や外国人夫が逮捕されることは珍しいことではありません。これはフィリピン人夫に対しても頻繁に発生しています。

フィリピンの警察は妻の言い分を一方的に聞き、夫を拘留することが多々あります。フィリピン国内でフィリピン人妻を叩いたりすると、とんでもない年月を刑務所で過ごすことになります。

どれだけフィリピン人妻が理不尽なことを言ったり、行動したとしても、神の心を持ち諭さなければなりません。

今回の事件の柴田氏の両親は我が息子の疲れ具合を不憫に思っていました。この妻の素行はあまりにも酷すぎましたし、どうすればこれほど狂ったような行動をとるのか、今後のことも含めてフィリピン人妻の調査を機関に依頼しました。

一話 フィリピン人妻に嵌められてフィリピンの刑務所に入れられた日本人

フィリピン刑務所

日本人の柴田氏は東南アジアが好きで、フィリピン、タイ、ラオス、インドネシアなどを大学時代に旅行していました。いろんな国を回って感じたのは、フィリピン人はとても陽気で人懐っこく、一緒に食事をしたり飲んだりしても楽しいと感じていました。

そこで、日本の大学を1年休学して、フィリピンに1年間英語留学をしました。英語留学をしている際にSMでフィリピーナに声をかけられました。何度か会ううちに親しくなり交際するようになりました。